春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

06 2005

約十三と半分の嘘

「約三十の嘘」を観た。

大谷健太郎監督作品

出演:椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡、田辺誠一、八嶋智人、伴杏里

音楽:クレイジーケンバンド


詐欺師が集まって、騙し騙されるという作品は数多ある。

最近でいうとあれだ。「T.R.Y.」もそんな感じだったかも。

まぁ、それぞれキャラクター(個性)の違う詐欺師たちが、自分たちの持てる頭脳をフル回転し、「嘘」という、人間に与えられたもっとも恐ろしい武器を使って同業者を騙そうとする訳だから、物語はどんどん複雑になっていって、観ているこっちは訳が分かんなくなっていく。
それを楽しむも良し、抗うも良し。
私個人としては、このテの映画は騙される快感に酔うのが一番良い味方じゃないかなと思っている。

そして、「密室」だ。
舞台は「トワイライトエクスプレス」という、別名「動くホテル」と呼ばれる寝台特急だ。

例えば、小学生のときこんなことがなかっただろうか?
「○○ちゃんの給食費が盗まれました。みんなの鞄の中と机の中を見せなさい」

見つかる訳が無い。誰が盗んだものをすぐ見つかような所に保管するかっての。

言ってみれば、そんな感じの映画だった。(嘘

「ひとつの大きな嘘をつくためには、三十個の小さな嘘を用意しなきゃいけない」

私も大抵嘘つきですが、うん。そうかも。
辻褄を合わせるための嘘を作る方が、よっぽど難しい。

スポンサーサイト

Posted by | 23:53 | Comment [4] | TrackBack [1] | 本の蟲(書評とか)

«prev | home | next»

okaさん
すいません、お返事遅くなりました。

邦画も洋画もそうですが、私は三枚目俳優が好きでして、ダメ男映画ばかり観てますw

自分を投影しやすいというか…(駄

Commented by [URL] | 11/11 01:09| edit

私も何ヶ月か前に見ましたよ^^
八嶋さんの視聴者を裏切らないあの演技が
大好きです。。。
この映画、なにげに二枚目がいないよね。
いや、顔は皆さん素敵なんだけどキャラが
ぜったいみんな三枚目だあ(笑)

Commented by oka [URL] | 11/09 01:41| edit

もんごちゃん
あのシーンは、椎名桔平も、妻夫木君も良い俳優だなぁ…て、心から思いましたよ。
ただ、連れションの話だと勘違いして聞けば意味が分かりませんねw
っていうか、もっとちゃんと映画について語るはずだったんだけど、めんどくさくなってやめちゃったんだよ。
みんな観て。
おもしろいから。それなりに。
ね、もんごちゃん?

Commented by [URL] | 11/09 00:55| edit

わたしもこの映画見ましたよ。
最後の方に
椎名桔平が、妻夫木聡に
『おまえ、おれと一緒にトイレいく勇気あるのかよ!!』
って怒鳴るところを、
他のメンバーが
???
な目で見てるシーンが
めっちゃおもしろかって、
覚えてます。

Commented by もんご [URL] | 11/08 00:49| edit

大谷健太郎監督のこちら。よくまとまってるのに100分と言う短めな映画大変観やすく、かなり面白い!あらすじは、舞台は寝台特急の中。チームで稼いだ大金をトランクに入れ

Tracked from 和日和 | 約三十の嘘 | 11/17 17:19

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/82-2a52b62a

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。