春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

18 2005

砂の丘

鳥取砂丘へ行ってきました。

もう、本当に砂丘を堪能しにいったという、それだけの小旅行。

強風に煽られながら、でっっかい砂山を上ったり下ったり。

いや~…、感動した。

inusakyu.jpg

行きの電車が遅れて、寸での所で目的の特急に乗れず。
播但線~山陰本線(無電化)を、浜坂までは特急。そこから鈍行。
いやはや、こんなことなら福知山線でいくんだった…。
でも、ニッポンの正しい田舎みたいな沿線の風景に懐かしさを感じつつ、がたんごとんと汽車に揺られました。
山陰本線といえども、というか鳥取駅に直結する線路なのに、こんなにのどかで良いのか!って、思いましたよ。
まるで久大本線(大分~久留米)。

んで、なによりかにより!
日本海!にほんかいですよ!
初めて見たんです。
山間を抜けて、空が広くなったかも~とか思ってたら、青い海!荒々しい波!

きゃーーーー!

むき出しの岸壁と、松の木ですよ!
もう、感動です。

そんな小さめの感動をおぼえつつ、写真も撮りつつ、鳥取駅からバスに乗って砂丘へ。

「うわ…すっげ…」みたいな単語しか出て来ないという。

でかい砂場。という表現が正しいかどうかは別として、圧巻。
だって、なんか砂の山が!人がちっちゃく見える!

靴の仲を砂だらけにしつつ、写真を撮りつつ。
砂丘の上から見た日本海は広くて寒々しくて、あの向こうに大陸が…俺もいつかきっと…とかそんなことは思わなかったけど、でも、夢も叶った感じ。

とにかく、潮風といい砂といい、カメラに撮って最悪な環境でした。

sakyuunohito.jpg


らくだに乗って写真撮りました。なんか、まけてくれた(というか、むりやり「値切るから乗れ」みたいなことを言われた)。
たまには顔出てても良いでしょ(苦笑

rakuda.jpg


急な斜面も走って降りて、砂浜まで行ったり、戻るの大変だったり、有意義な砂丘でした。もう日本語がおかしい。

写真は現像に出しにいったらすぐにうpします。
3本も消費したしw


あ。面接もあったんですが、その話もまた今度で。

スポンサーサイト

Posted by | 23:59 | Comment [0] | TrackBack [0] | 人人人

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/69-be2c0c08

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。