春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

05 2005

タイトルを、短歌にしようと思い立ち、悩んだ結果、コレが限界

空き教室で、友達と打ち合わせ及びよもや話。

しかし、悪巧みを思いついて早数ヶ月。
なんとか、そろそろ形になりそうなならなそうな。
いや、する。


途中で何故か歌人の話になったのだが、私の知らない人だった。
おもしろい唄を歌う人だ。
話しながら、私の頭も歌人モード。
んで、ちょっと考えてみた。

「ごぼう巻き ビリからトップに躍り出る ソレを言うなら ごぼう抜きだろ」
友達の持ってきた、ごぼうを練り物で巻いた食べ物を食べながら。

「『例えばさ…』言ってみたのは良いけれど 例えにならず逆に笑える」
私の話って、いつもそう。

「『君の顔、魚っぽい』と言われても なんて返せば良いのか悩む」
とか最近ある友達が言ってた。

「以前から 気になっていたことがある いったいアンタ 歳はいくつよ?」
よく言われる。

「五七五七七でメール打ったのに 気づいてくれない ちょっと哀しい」
まぁ、五七調とかって、自然かもしれないけど。かなり狙ってるのに。

「暑いからこそ カレーを食べる しかも激辛のものなら 尚のこと良い」(字余り)
最近辛いもの駄目なんだけど、食べちゃう。ジレンマ。

「グダグダで 考え無しで 臆病者 そんな私に 明日はあるのか」
ないかも?

「君のこと 悔しいけれど どうしようもなく 好きで好きで好きで好き」
本当に悔しい。でも、好きなものは好き。まぁ、人に限らず。
っていうか、これってなんか自分で読み返しても寒い。


今、パソコンの前で考えてみたけどさっぱり思いつかない。
やっぱり、人と話したりとかノートに向かったりとか景色を見たりとかしてる時の方が、想像力とか創造力はフルに働く。
パソコンは便利だけど、ただの道具なんだよね。
でも、まぁ、愛着はある。名前もあるし。

なんにせよ、言葉遊びとか詩的創作は楽しい。

スポンサーサイト

Posted by | 23:59 | Comment [2] | TrackBack [0] | 切り取られた時間(写真)

«prev | home | next»

今はまだ 内緒だからこそ 悪巧み 実現したら すぐに言うから (字余り

一応、夏休みをめどに形にするつもりです。
それまでしばしお待ちを。

Commented by [URL] | 08/06 17:05| edit

冒頭の、「悪巧み」ってのが何をなさるのかすごく気になる!
それは公に見ていてもわかるのでしょうか?口外しない事なのでしたら、聞いてしまってごめんなさい。
もし前者なのだったら、その時期が来たらまた是非教えてくださいませね!

Commented by 藤井 [URL] | 08/06 01:07| edit

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/5-de076d59

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。