春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

26 2013

探偵は概ねBARにいる。(探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 感想)

ちょっとそこのお嬢さん、探偵ですよ、探偵。
天然パーマでニヒルで強くてちょっと弱くて女にゃめっぽう弱い。どのくらい弱いかといえば、水に濡れたトイレットペーパーくらい弱い。
だけども、女と友達のためならなんでもしちゃう。
だって、バカだから。男だから。

というわけで、今回は死んだおかまのために一肌脱ぐ探偵の話。
北海道は東洋一の歓楽街、ススキノを主な舞台に、なんか殴る蹴る。
あとは、殴られる蹴られる。エンスト。
そんな感じ。

前作よりもコメディパートが厚く、ハードボイルド加減が薄くなっている。古来ハードボイルドとコメディはセットなのだが、ハードボイルド感が圧倒的に喰われてるのは、残念。
意図的に笑いを取るからそうなる。
おそらく、前作との違いを出したくてそうしたところもあるだろうし、もしかすれば、テレビ放映版を見て劇場に足を運ぼうと思った人にも向けられた配慮なのだろうか。
それとも、大泉洋ファンが求めた結果なのだろうか。にしても、探偵がかっこよすぎる。なのに、笑いしか出てこない。
すごくシリアスなシーンで、客の何割かは笑っているのがすぐわかる。(一番後ろから見たから)
というような感想はどうでもいい。

切なさとか、哀しみとか、色んな感情がまぜこぜになっているのは良いんだけど、複雑な葛藤や愛情がいまいち伝わってこないのは、オチが早いうちにわかってしまうからだろうかね。
話そのものはよくあるタイプの、不幸な家族の悲しくて良い話に尽きるが、製作側がいったいどこにフォーカスを当てているのかよくわからない。
というか、観客にはどこを見てほしいのかがはっきりしてないように見えた。
いや、もしかしたら、逆にはっきりしていたのかもしれない。
「良い話」なんかどうでもいいとか…というか、ハードボイルドな探偵モノにとって、お涙ちょうだいなストーリーすらウイスキーのアテに出されたビターチョコくらいの重さでしかなく、ぶつくさモノローグを語り続ける探偵の敗北と活躍以外に見るべきものは無いということかもしれない。

あと、話を膨らませてややこしくするためだけの意味の無いに等しい伏線が多い。伏線ですらないかもしれない。かっこよく演説してたけど、渡部篤郎何しに出てきたんだ的な。観客をミスリードするための道具としてもちぐはぐだしねぇ。
脱原発をおもちゃにするつもりなどなかったのだとは思うが、やりすぎだ。
武器を取る市民というのは、そんなに単純な構造じゃない。
けど、ある急進的な政治家の支持者を狂信的集団として描いたのは、観客(多くの日本人)のアレルギーを利用した酷いやり方だと感じた。

バッググラウンドを見せない狂信的行動は、「脱原発?怖い!」という感情しか生み出さない。
誰が得するんだろう。

文句ばっかりになってきたな。

おかまの人生は重い。
ニューハーフだかなんだかわからないが。

もうひとつ言えば、前作もそうだったけど、「それっぽい」ところが目についてしまう。
それが全体に感じるケレン味の正体なのかもしれない。
探偵っぽい、農学部っぽい、ヴァイオリニストっぽい、やくざっぽい、おかまっぽい、政治家っぽい、左翼っぽい…結局はクズっぽい。
記号が記号らしくその範疇を越えずに動くから、気持ちいいのだけど、それだけ。
だから、観てる間は特に不満もないし、充分笑えるし、ハラハラできる。それは良いところだな。

「見たあとに何も残らない映画こそ、素晴らしい映画だ」と、個人的には思っているのだけれど、今回はそうでもなく、後味の悪さは前作を遥かに上回った。
ハードボイルド探偵モノのセオリーとしては高得点だけどねぇ。
茹ですぎっていう。

勝手に何かすごいものを期待して行ったのがそもそもの間違いだったのではなかろうか。
感想ではなく反省なのかこれは。

そういえば、人を殴るときの音が少しばかり重すぎるのは気になったなぁ。
あんな音しないもん。

でもあれだ、「舟を編む」の松田龍平よりは、こっちの方が余程彼らしい。
ので、舟を編むを絶賛していた某映画評論家のことは再び嫌いになりましたとさ。
どっちも良い作品でした。はい。終わり。



追記:エロスが足りない。

スポンサーサイト

Posted by | 21:39 | Comment [0] | TrackBack [0] | パンドラの箱(映画評)

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/322-776806b7

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。