春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

29 2005

かめらふりーくす

インテリア系のT先生が、北海道に引っ越されるにあたり、収蔵品を一掃するという話を、以前工房で耳にして、T先生が写真好きだったのを思い出し、恐る恐る「カメラとかも放出しちゃうんですか?」って聞いたら、「いるならお譲りしますよ?」とのこととなり、「レンジファインダーが良いんですけど…」と伺うと「Leitz minoltaがありますよ」「!!!???…マジっすか!?ほしいです!」と言うと「あぁ、じゃあ、工房に送りますね」…と、トントン拍子に進み、「友達にハーフを探しているヤツがいるんですけど…」「Penがありますよ」という話にまで…

で、今日学校に届いたのでした。

私が頂いたのは、Leitz minoltaと、OLYMPUS 35DCといセミクラシックカメラ。

Leitz minolta CLは、かのライカを製造するLeitz社が経営危機に落ち込んだ時に、経営再建のためにミノルタカメラ株式会社(現KonicaMINOLTA)と提携して作った、最初で最後の日本製Leitz社ライセンスカメラです。1973年製造。意外と新しい。

leitzminolta1.jpg

leitzminolta2.jpg


M2辺りの風格を持った、でもコンパクトな筐体です。
ただ、シャッターが遠い。小刻み巻き上げができない。水銀電池が手に入らない。
まぁ、でもシャッター音のやる気の無さは逆に可愛いです。
四角くてナイス!
ライカレンズが欲しくなる…
電池をどうにかしたら、こいつをメインにして、demi(ディー)をバシバシ撮る用にします。

で、もう一台。
OLYMPUS 35DC です。
露出から絞りまでオートです。1971~74年製造。こちらも意外と新しい。まぁ、ディーに比べたらだけどw

ol_35dc2.jpg

ol_35dc.jpg


適正露出にならないとシャッターが下りないという、不思議機構。
f=40 1:1.7という明るく大口径なレンズなので、大活躍…と思いきや、タイマーが壊れていたらしく、タイマーを回してみたらシャッターが下りなくなりました。
即修理ですw
お金かかるかな…
というか、このカメラはある人にあげるためにということで頂いたのに…
絶対治します!

はい、今日はこんな感じです。
興奮してます。ふんふん!

東京雑景2をやるつもりが、スキャナの調子が悪いのでメンテしてもらってからになりそうです。

明日はちょっと変わり種写真をアップするつもり。です。

スポンサーサイト

Posted by | 23:34 | Comment [2] | TrackBack [0] | 切り取られた時間(写真)

«prev | home | next»

オヤマアキさん

私はただの下手の横好きで、メカ好きなのでどうしても語っちゃうんですよ(苦笑
なんにせよ、頑張って撮って行きたいと思います~
アキさんの写真もいつも楽しみにしてますよ☆

Commented by [URL] | 09/03 23:12| edit

セミクラシックカメラ、いいですね。
いじり甲斐がありそう。って、私自身はカメラについて不勉強なんですが・・・。
ぜひ、これで撮った写真を見てみたいです!
あっそれから、変り種写真見ましたー。
中心に広がる可愛い世界。確かにFISHEYE(笑)ですね。

また、まとめてコメントごめんなさい。

Commented by オヤマアキ [URL] | 09/02 23:06| edit

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/28-22cfc0b4

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。