春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

11 2009

実用新案とでもいうのだろうか

我が家の時計は、総じてだいたい5分くらい早めに時刻設定をしてある。
よく行く友達の家の時計は、個別に5~10分くらい早く設定されている。
余程、正確な時間にこだわらない人なら、置き時計や掛け時計は、心持ち早く時間を設定されているんじゃないかと思う。
特に、時間にルーズだったり遅刻癖がある人ならなおさらだ。
しかし、生活しているうちに、どうせこの時計は5分早いんだし…と、早く設定した時間を逆算して、あまり意味が無くなってしまったりしていないだろうか。
そのせいで、また遅刻したりしていないだろうか。
そんな人たちのために、『いつも何分か早い時計』を提案したい。
どういうことかというと、何分早いかを逆算してしまえないように、毎日1分~10分くらいの間で、時間が標準時刻よりも早く設定される時計をつくれば良いんじゃないかということだ。
仕組みはシンプルだ。
ベースに電波時計を使用することにより、決して標準時間よりも遅くなることが無いようにすればいい。
前日、6分早かったら、翌日は2分早かったり、翌々日は8分早かったりと、予測をつかせない。
だから何だと思われるかもしれないが、私は正気だ。
何にせよ、余裕のある日常生活を送りたいものである。

スポンサーサイト

Posted by | 02:45 | Comment [1] | TrackBack [0] | 駄文

«prev | home | next»

俺と同じモン考えてるね…

Commented by tsukashu [URL] | 10/24 17:11| edit

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/276-ed0b5e92

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。