春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

05 2008

小動物(尻尾のでかいアレ)、肉食獣(しましま模様)

ニュースでも承知の通り、請負会社からの派遣で大分○ヤノンの工場に勤めていた方々が、どんどん契約を打ち切られているそうな。
先日、寮の追い出し(?)のピークだったらしく、大きな荷物を抱えた方が何人もホームで電車を待っていた。
中には、別れを惜しむ男女もいたりして、「なごり雪」の歌詞を思い出し、少し切なくなった。年配の方を見ると更に切なくなったが。
そういう方々と少し話をした。話しかけられたのは何故だかわからないが、私の無精髭を見て同輩だと思ったのかもしれない。
彼らからは悲壮感よりも、諦観とか達観、あと少しの戸惑いが透けて見えた。仕方ないんだけと、まぁ、明日からどうしよう(苦笑)…みたいな。
鹿児島や宮崎、鳥取へ帰るとのこと。帰ったら就活だが、地元で見つからないから遠くへ来たのに、帰っても就職先は無いんじゃないか、とのことだった。
ニュースで、愛知や岐阜や長野などの工業地域でも数千人規模の解雇が始まっているらしいし、解雇以前の内定取り消しもよく耳にする。
就職氷河期再到来、とはいえ、ここ3年くらい一時的に(新卒採用が←ここ重要)回復しただけで、結局は十数年来変わらず就職難は続いているのだ。
今年の始めに、来年度の就職先はいくらでもあると言われていた学生たちは、今になって裏切られている状態だ。
製造業や不動産業あたりばかりがとりだたされているが、ほぼすべての業種でそれは起こっている。私の住んでいる辺りでは観光業が打撃を受けている。韓国人が旅行に来ないからと言うが、理由はそれだけではないだろう。
たまに用事があり、湯布院に行くのだが、週末の賑わいぶりには舌を巻く。客がお金を使わないとはよく聞くが、それにしても、金があるところにはちゃんとあるものなんだなぁと、他人事のような感想をもつ。
ちなみに、私のところには無い。これはいつものことだが。

果たして、仕事がなくて困っている人と、旅行に行く余裕のある人という対比が、この国の目指す形だったのだろうか。
もはや、努力とか根性ではどうにもならないような、大きな溝や壁が存在していることに目を背けられない。
たまんないね。

駅のホームで出会った彼らと、私の将来にどす黒い影を落とし続けて、今夜も冷たい雨が降る。

スポンサーサイト

Posted by | 01:16 | Comment [0] | TrackBack [0] | 携帯より

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/268-44b7e58d

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。