春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

30 2008

半月ほど前の出来事

そういえば、9月14日は中秋の名月だったそうだ。
確か、ちょうどその日は、台湾付近に停滞した台風から伸びた雲が西日本を覆っていたため、満月など見えるわけもなかったのだけど、少々変わったことがあった。
家の裏に広がる竹林の奥に、一件のこじんまりとした一軒家がある。そこには老夫婦と、娘と言うには若すぎるであろう女の子がすんでいる。名前は迦具夜とか言う。確か高校生で、たまに電車で一緒になったりもするが、多少お隣りさんという贔屓目があるしても結構可愛い。ただ、少々電波系で、信頼できる情報筋によるとなかなかの小悪魔(笑)らしく、告白してきた男子数人(いずれも金持ちのボンボンだそうな)に無理難題(石油の採掘権とか、ムー大陸の秘宝とか)をふっかけてはことごとく振ったとか。
恐らく老夫婦の孫か親戚の子だろうと思うのだが、だいぶわがままに育っているようだ。
ちなみに、爺さんはその道では有名な竹工芸師で、竹取りの翁だとか呼ばれているらしい。よく百貨店のバイヤーとかコレクターが、うちで道を聞いていく。好好爺の文字をそのまま人の形にしたような、優しい爺さんだ。
それはさておき、先日、竹林の入口辺りを掃除していると、何やら着物を着た物々しい隊列がやってきた。後ろの方に牛車が見えたので、高貴な血筋だかなんだかの一行なんだと思い、箒を抱いて道をあけた。
すると、先頭の馬に乗った男が、私のちらと見て片手を上げ、馬を止めた。後ろの集団も歩みを止める。
何やらよくわからんので、突っ立っていると、馬に乗った男が私に向かって「竹取りの翁なるものの住みたるは、この竹林か」と聞いてきた。
私は、今どきこんな喋り方するやつがいるのかと半ば感心しながら、「ああ、はい。この小道を上った所に住んでますよ」と竹林を上る道を指差した。
男は「左様か」と言うと馬から降り、牛車のところまで駆けて行く。
しばらくして、牛車が近付いて来た。中からひと際きらびやかな着物を着た小太りの男が降りてきて、何人かのお供を従え、竹林の小道を上って行った。そんなにきつい坂でもないのに、フゥフゥと肩で息をしていた。
私は何事かと思ったが、お腹が空いてきたので、箒を引きずりながら家に戻った。あと、小太りの彼は少し痩せた方が良いと思った。
それが9月1日の話。
それから、毎日のようにその集団はやってきて、小太りの男はやはりフゥフゥと坂を上って行く。何だかわからない。もしかしたら、単に彼の運動のためなのかもしれない。ただ、裏の道がお供やら馬やら牛車やらで塞がってしまうので、近所迷惑である。
それから何日かして、迦具夜嬢を電車で見掛けた。彼女は、明らかに不機嫌そうだった。もしかしたら、あの小太りが原因かもしれないと思ったが、よく見ると彼女の肩には女子高生の制服には不釣合いなブランド物のバッグがかけられていた。
その数日後、確か9月10日あたり、今度は婆さんの方にスーパーで会った。婆さんは気さくな人で、よく煮物とか漬物をお裾分けしてくれるのだが、その日は元気がないように見えた。
小太りのことも気になるし、声をかけてみた。
婆さんは弱々しく笑って小さく頭を下げると、深々と溜め息をついた。
婆さん曰く、毎日毎日小太りがやってきては娘を嫁にくれとうるさい。娘にブランド物の服やら鞄やらを買ってくるのは良いが、あまりにもしつこく言い寄るので娘もイライラしている。翁さんの作品を買い付けに来た客を勝手に追い返す。毎日来るので人数分の食事を作るのが面倒。ということらしい。
たしかに迷惑だ。しかも、娘の学校にまで押し掛けて来る始末で、学校側も困っているそうだ。
極めつけは、どうやらあの小太りは、軽々しく口にできない高貴なお方であり、だから来てくれるなとは言えない、と婆さんは力無く言葉を切った。
何だかスケールのでかい話だ。
私のような下々の者には、やんごとなき方々の考えはよくわからんが、どうやらあの小太…もとい、かの高貴なお方は香倶夜嬢に惚れ込み、求婚しているということらしい。
ところが、婆さんの目下の悩みは、もてなしにかかる食費と献立であるようで、それはそれで微笑ましい話だとも感じた。
そして、9月14日。その日は朝から風が強くて、せっかくの連休なのに天気悪いし出かけらんないと腐っていた。
部屋の窓から竹林を見ると、竹が波打つようにわさわさと動いている。さすがに台風だから小太りのお方は来ないと思っていた。
だが、昼ご飯の支度をしていると、裏から何か大きな発動機のような音や、キャタピラーのキュラキュラ鳴る音が聞こえてきた。こんな天気の良くない、しかも休日に工事かよと思ったが、時折聞こえて来る声がどこかおかしい。
チャーハンを炒める火を止めて、裏に出てみると、そこには戦車やら対空ミサイルやら高射砲やらレーダーやらがひしめき合い、竹林の入口付近には土嚢を積み上げた陣地ができていた。
陣地や車両の間を兵士然とした男達が歩き回り、皆肩から銃を下げている。
幌やテントが風にあおられバタバタ鳴り、兵士たちの声は更に大きくなる。
非常に物々しい。
軒下でそれらをぼーっと眺めていると、携帯が鳴った。友達から、ボウリングへの誘いだった。私は快諾した。30分後に迎えに来ると言うので、急いで家に入り、チャーハンを作って食べた。
服を着替えている内に、表でクラクションが鳴った。慌てて玄関を出ると、傘を差さないままで車に飛び込んだ。
友達は開口一番に「戦車とかあったけど映画の撮影とか?」と聞いてきたが、私はわからないと答えることしかできなかった。
その日はボウリングの後も色々あって、連休ということもあり家に帰らなかった。
翌日は昼前頃、豪雨の中を家に帰ってきた。
裏の兵士や戦車は跡形も無かった。寝不足だったので、夕方まで寝た。小太りが来たかどうかは寝ていたのでわからない。
その翌日、9月16日。朝の電車で迦具夜嬢を見掛けた。
彼女は眠そうな顔で吊り革にぶら下がっていたが、途中駅で友達と思しき数名の女子高生が乗り込んで来ると急に元気になり、声を立てて笑っていた。彼女の肩にブランド物のバッグは無く、手に学生鞄を下げていた。
小太りは、戦車が来た日以降姿を見せなくなった。迦具夜嬢に振られたのかもしれない。
不思議なのは、最近近所で耳にする噂だ。あの9月14日の深夜、台風の直中にありながら、空が晴れたというのだ。中には、怪しい光を見たとか、UFOが降りて来たとか言う人も現れた。
しかし、それと戦車と小太りがどう関係してくるのかはわからず終いである。
ところで、一昨日、婆さんが茄子を大量に持って来てくれた。畑でこれでもかという程採れたらしい。おかげで私は3日間、茄子ばっかり食べている。

スポンサーサイト

Posted by | 12:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | 妄想特急

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/260-49665870

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。