春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

30 2008

四半世紀

夕方、家に帰ると僕宛てに小包が届いていた。差出人の欄には、WASO(世界年齢標準機構)と書いてある。
なるほど、今年も誕生日が来たというわけだ。
特に感慨があるわけでもなく、自室に入り黙々と小包を開く。長細い箱を開けると、中にはどろっとした鈍色の液体が入った、透明の瓶があった。小さなラベルには、小さく「age25」と記されている。
毎回、ここで年齢とは何なのかをチラリと考えるのだが、考えようとすればするほど頭の中にまるで霧が掛かるように、思考が鈍くなってしまうのが常だった。
気がつくと、僕は瓶を持ち上げていた。
それから、毎年しているようにキャップを開ける。
これで、僕も今日から25歳だ。

スポンサーサイト

Posted by | 12:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | 駄文

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/259-b4596bd6

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。