春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

19 2006

わからないことは、わからない。でも、わからないからといって、きりすてるのはいけない。わからないということに対して、劣等感をもちつつも、その劣等感を無視しないこと。

分かる範囲でものごとを深く考える土台がないと、わからないからそんなわからないものはないことにする。なんて、めちゃくちゃなことをする人が増えるわけだ。

わからなかったら知ろうとする。聞く、調べる。

でも、それでもわからないなら、わからないという事実をふまえた上で、「わからんなぁ…あはは」とか言ってみる。

でも、わからないことを忘れたり開き直ったりしない。

それはそれとして、またちゃんとものを考えるのだ。

自分に関係ないことなんて、実は少ない。


広告批評に橋本治氏がそんな感じのことを書いていた。気がする。


正面切って突き抜けていかねば。

ずばーん!

スポンサーサイト

Posted by | 23:23 | Comment [7] | TrackBack [0] | 駄文

«prev | home | next»

YOSHIMOTO先生
はい。たしかに…
今回書き方がえらく偉そうになってるのを、ここで反省します。
わかったつもりが怖いのは身にしみております(苦笑

でも、この時はなんかちょっと「見つけたっ!」って感じでつい。

10変速…ですか。
わたしって、欲張りなんでしょうね…

ゆっくり焦りたいと思います。
ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

…私、今そうとうテンパってるみたいです

Commented by [URL] | 01/26 04:21| edit

そして、「わかったつもり」になるのも…。どうだろ?民芸の陶芸家、
河井寛次郎が「驚いている自分に驚いている自分」という言葉を
残しているけれど、そういう日々の純粋さな発見が「わかる」という事なのかもね。
ぼくの主義は決して「解らない知らない出来ない」を言わない、なんだけど、
しかし実践的な経験や教養的な知識を貯えても、十分に使うのか、という事もある。
「人生は、10段変速の自転車のようなもの。
だれもが、自分がもっているものの大半は使っていないのです。」
ってピーナッツの作者、チャールズ・シュルツも言ってるしさ。グッドグリーフ、
チャーリーみたく何度も失敗してルーシーに説教くらっても人生は人生。
まぁ、ゆっくりやんなさいよ。

Commented by YOSHIMOTO [URL] | 01/26 03:36| edit

今の新卒の方々で自分のやりたいこと、やってきたことに自信を持ってる人がどれほどいるかな、って考えると実はそんなにいないですよね。
はったりでも何でも良いからぶち当たる、って根性持ってる人間でさえ少ない。

個性だと言って素を大事にするようになった反面「はったり→ダメでした→かっこわるい」みたいな連想をする人が増えた気も。
今の子供に逆上がりとかさせたら、出来ない子とか「だってできないんだもん」って諦める姿を見るとちょっち切ないです(>_<)

素直に、成功しなくても良いから、やってみよう、って感覚を養える環境が欲しいですよね。
そのために「多角的な」っていう視点があると「俺はアレがダメだけどコレは出来る」とか判断する基準になるでしょうし、教える立場に立っても誉めやすい。

そういう意味では順位をつけることに意味が出てくるし、アイデンティティを作りやすい。
・・・よなぁ、って思います。

Commented by [URL] | 01/20 16:50| edit

スタイルシートいじられたのかなぁ…


やすたかさん
こんな時代だからこそ、教師の力量が問われるべきなのに、新卒の先生がいきなりクラスをもつとか訳のわからない采配をする学校が多いんです。
昔ならそれでも良かった(志も教育への思いも強かった)と思うけど、今の新米教師には荷が重すぎる。
悩める若者には、子どもたちを引っ張って行くエネルギーは足りてません。
もちろん、例外もいますけど。

だから、先生が活用しなければ、どんなに楽しい教科書もただの紙束なんですよね。

書くほどに迷走…

Commented by [URL] | 01/20 14:41| edit

同感です(>_<)
そしたらまずは教師云々よりみんなが楽しめる教科書が欲しいですよね。

俺も好きだった先生は話の本質を語るんだけど、雑学チックにおもしろおかしく話ししてくれる人でした。
そういう人が増えるような手助けが出来れば良いですよね(>_<)

教師が教科書になって、教科書が教師になって。
語りかけてくるような教科書、みたいな。

そういう意味では有名人が母校に帰って子供たちを教える、って企画のNHKの番組は秀逸だと思いました(>_<)

おす。

Commented by やすたか [URL] | 01/20 14:18| edit

迷い込んで抜け出せないのです。

まぁ、村上某のアノ本は凄いと思います。出た直後思わず買いましたしねw

教育が楽しくなれば、きっと世の中明るくなります。

勉強と成長の意味を合致させたいのですよ。

音楽の練習だって音楽なのに、なぜか国語の勉強と国語は別物なんですよ。

楽しいだけじゃダメだけど、だいたい楽しくないともっとダメでしょw

Commented by [URL] | 01/20 14:00| edit

迷い込んでる雰囲気ですね(>_<)
頑張って下さい(^O^)/

「多角的な視点」を養う、となったらなんだか村上龍のあの本がポンと浮かびました(笑

ほんと、教育って難しい(>_<)

ファイトです~☆

Commented by やすたか [URL] | 01/20 07:05| edit

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/114-bc1a911a

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。