春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

11 2005

体調わるし

ちょいと、体調を崩し、一日寝るはめに。
まぁ、夏休み(?)も始まったばっかりだし、たまにはね。

本当は、夏期の作品を仕上げるために学校へ行くつもりだったんですけどね。

(あ。16日からちょいと東京に行ってきます。)

夕方にはすっかり回復したので、ちょっと家の周りをブラブラ。

カメラを持っているのに、撮れない。
なぜか、シャッターが切れない。
自分が写真を撮るという行為が、わざとらしく思える。
それは、最近友人達の写真を沢山見せてもらってから、頓に思うようになったこと。

私は、他人の撮った写真を見るのが好きだ。
そして、一つとして同じところが無いのを感じるのが好きだ。
良い写真とか、悪い写真とか、ありきたりな写真とか、つまらない写真とか、そういう基準なんて私には分からないし、その人が普段何を見ようとしているのかが、端的に現れているような気がして、一枚たりとも目が離せない。

写真には、「その人」が写るから。

スポンサーサイト

Posted by | 23:06 | Comment [2] | TrackBack [0] | 駄文

«prev | home | next»

ありがとうございます。
そういう風に言ってもらえると、気が楽になります。

わかっちゃいるんですよ。
考えすぎだって(苦笑
でも、考えずにはいられないのが性分なんですよね。
y氏の写真にはいつも驚かされるし…

でも、今日はちょっとだけ、自己満で写真撮ってきましたよw

私も、もっと精進しておもろい写真とれるようになろうっと。

んで、ニヤニヤしますw

Commented by [URL] | 08/13 03:49| edit

これは僕がブログのネタで書こうと思ってたこと。

写真とは、
やはり才能とかセンス(また、、、)
とかも多少は関わってくるものであるとは思うのですが、
ぼくはそんなもの全く持ち合わせてないし、
気にもしていません。

僕が考える、
良い写真を撮るにあたっての大きな要素。

それはまずは運です。
その場面に出くわすか出くわさないか、
その「画」になる場面に出くわせた時点でラッキーです。
そしてそれをファインダーに収めるということ。

詳しくはまたブログに書こうと思っていますが、
写真の難しいところは見る人によって
良いって思うものが極端に違うことがありえることです。

自己マンでやったらいいと思いますよ♪
良い写真を撮るってことよりもカメラとの時間を楽しむ、
そしてプリントして眺めて一人でニヤニヤ。
それで十分なんです。

だからプロのカメラマンには全くなろうとは思ってません。
もちろんプロの技術には脱帽です。

Commented by y_salbenthic [URL] | 08/13 00:56| edit

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/11-829b5b7a

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。