春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

22 2005

発光する感情。点滅する感情。

中之島の中央図書館へ赴くも、「教科書は置いてないんですわ〜」という一言に愕然とする。



府立図書館は学校から2、3キロの距離にあるのだが、寒さと眠気でそれどころではない。とりあえず、黙々と歩くことに徹する。町はイルミネーションで溢れ、人々は溺れそうだ。

市役所の前は、人だかり。
クリスマスツリーが目を引く。が、寒いので立ち止まってなんかいられない。
あと少しで図書館なのに…と、信号が青に変わるまでの時間が惜しい。

市役所横から中央公会堂周辺まで、川沿いのプロムナードはこれでもかっ!というくらいの煌めきと音楽の響宴。底抜けに明るいクリスマスソングと、イルミネーションがリンクし、青くなったり黄色くなったり白くなったりと、忙しい。
なにより、人が多い。

図書館の中は、「寒くない」という程度の暖かさだった。
窓に近づくと、いや、近づかなくても至る所からすきま風が入り込み、窓はカタカタと、だんだんにガタガタと音を立てて、精神的に寒さを与えてくれる。
前述の通り、教科書は無く、教育関係の出版物も驚くほど少ない。
落胆。

それでも2時間ほど資料を漁り、ロッカーのキィを受付のおばちゃんに渡し、外へ出る。
寒い。風が、来た時よりも春かに強くなっている。

なのに、人は増えている。
皆、デジカメや携帯電話を構え、写真を撮っている。
平和な限りだ。

行きは間違えて堂島アバンザを通ってきてしまったので、帰りは北新地駅を通りディアモールを抜け、ギャレを通り帰ることにした。
クリスマス商戦も佳境に入り、どこに行ってもカップルとお父さんらしき人が目立つ。
キリスト様万歳だ。
回れ回れ経済効果。

そんなわけで学校へ戻った訳だが、あとはこれといって書くこともない。

まぁでも、クリスマスも悪くない。
街がキラキラ輝いて、みんな笑顔で幸せ(気のせいだとしても)ならば言うこともない。

私だって、ちょっとウキウキしたりしないこともないのだし。

スポンサーサイト

Posted by | 23:23 | Comment [2] | TrackBack [0] | 学生生活

«prev | home | next»

y氏
たくさん書いたとはいえ、日記ですからw
いや〜進んでませんよ(苦笑
うちもピンチです。
欲しい資料は軒並み高いし…

Commented by [URL] | 12/23 22:24| edit

うわ~沢山動きましたね!
良い情報はみつかりそうですか???

おれはさっぱり…
おれが調べてる業界のHPとか行っても、
企業情報とか一個も載せてない…

さっそくピンチです。

Commented by y_salbenthic [URL] | 12/23 03:44| edit

TrackBackURL: http://pumpkins.blog18.fc2.com/tb.php/105-17e72128

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。