春漂流記

目指すは「無意識」の存在証明。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

06 2014

生きるとか死ぬとかそういうんじゃなくて

「生きた○○」というやつ。

乳酸菌が生きて腸までまで届く。そういうことではなくて。
「手書き文字は生きている」つまり、自らの作ったものに生命がふきこまれているかどうか。
他人の作ったものに、生命がふきこまれているかどうか。
そんなの他人が判断するものじゃないし、モニタを通せば手書きだろうがなんだろうがおしなべて真っ平らである。

「温かみ」は幻想だ。
それを幻想だと理解した上で、ものづくりに関わらないと、それはスピリチュアルの領域を侵してしまう。
むしろ、ものづくりという概念すらそうなのだけれど。

何か特別な力じゃなくて、したたかな計算の上に誰かが感動すること。
身も蓋もないかもしれないけれど、それを仕事として選んだのなら、「生きた文字」なんて「単なる好き嫌い、かつ向き不向き」でしかないことがわかるはずなのにね。

スポンサーサイト

Posted by | 21:57 | Comment [0] | TrackBack [0] | 駄文

06 2014

見えるもの

たとえば、何かの部品を作る仕事があったとして、そのパーツが何のための物なのか分からないままに延々と作り続けるのは、とても苦痛なのではないかと思う。

苦痛というのとは違うかもしれないが、何を作っているのか、それは何に使われるものなのか、社会にどのような影響を及ぼすのか、そこまでいかなくても、誰がどんな気持ちでそれを使うのかわかるだけでも、なんとなくやる気が出るものじゃないかと思う。

何のためにやっているのかわからないことで、満たされないのはつらいことではないか。

我々支援員がせねばならないのは、作業所で働くなかまたちに「その先」を見せてあげる事ではないだろうか。
そここそ、障害者福祉からごっそり抜けおちているところではないかと感じている。
作業所そのものが発展途上の土地柄だからこその問題ではあるけれども。
そして、そこに「お金をかけられない」。
そこから始まるのが、職員たちの、どうにかせねばと頭をひねる日々であり、それは無駄な時間でもある。
無駄というと申し訳ないのだが。
どうしても、外に頼れない分が「閉じる」。
閉鎖的にならざるを得ない状況を変えねばと日々思ってはいるものの、先立つもののないことの悲しさ。

愚痴みたいになってきた。
ていうか愚痴だ。



久しぶりの、しかも今年最初のエントリーがこれとは。
今年はもう少しこまめに書こうかな。
twitterにかまけすぎですわ。

Posted by | 16:57 | Comment [0] | TrackBack [0] | 駄文

19 2012

花の香り

こんな夜中にふらふらとしていたら、藤の花の香りがどこかから漂ってきて、ふと足を止めた。

ここ最近、ルーティンワークに陥っていた自分の怠慢の部分を突き付けられて、それを発端に表面化した職場における人間関係の崩壊。そして、職能のなさ。
いろんな歯車が回らなくなって、気付いたことは、自分の夢とか目標をとことん蔑ろにしていたということ。
いい機会だったのかもしれない。
もう一度、自分が歩きたかった世界に戻ろうと、少しずつその思いが強くなっていくた。

今度こそうまくやって行こうと。

そう思えるようになったなら、この4年の紆余曲折は糧になるんじゃないか。
恥ずかしさと緊張をエネルギーにする強さと、気配りと、優しさを、こんな短期間で見せてもらったのだから。
後は、自分に一番足りない忍耐だ。

短くて、でも長い休憩時間は、そろそろ終わりにしなくちゃ。

それにしても、誰か、転(復)職の相談に乗ってくれないだろうかね。

さぁ、帰って寝よう。

Posted by | 03:43 | Comment [0] | TrackBack [1] | 駄文

02 2012

家具を修理する人

(甲本ヒロトの歌うイメージで脳内再生してください)



もしも生まれ変われるのなら
家具を修理する人になりたい
壊れたイスを修理して
座れるようにする

タンスのすべりをよくしたり
戸棚のとびらをつけかえる
机を綺麗な色に塗る
ついでに花も描く

とっても楽しい仕事だぜ(あーあー)
とっても幸せな毎日
俺は家具を修理する人(あーあー)
だけど
取っ手を取ってはいけないぜ

とっても楽しい仕事だぜ(あーあー)
とっても幸せな毎日
俺は家具を修理する人
だけど
取っ手を取ったら開かないぜ

俺は家具を修理する人(あーあー)
俺は家具を修理する人(あーあー)
俺は家具を修理する人
だから
取っ手は付けても取らないぜ(ワンツースリーフォー!)

Posted by | 14:14 | Comment [0] | TrackBack [1] | 駄文

27 2011

台風接近中

引っ越しというか、運び出しが天災に見舞われるなんてことになる。
日頃の行いがそんなに悪かったのかね。


さて、明日は梱包に命懸けよう。

Posted by | 21:50 | Comment [1] | TrackBack [0] | 駄文

27 2011

寝息と寝顔と、それから、君は何になりたい。

今、声が小さくて届かない僕の名前
夜が明けて、晴れていたら笑えるって言っちゃおうか
誰かの理想を背負ってきたけど
背負ってきたと思ってたんだけど
おかしいな。
僕の背中は真っ白だった
手を叩き鳴らそうか
頭を振ろうか
靴を脱いで駆け回ろうか
砂利の上で
君と健康になろう
弾けもしないピアノに乗っかって
うねるように踊って
また明日会おう
夜が明けたら
ああ、今はもう今日か

真っ白な背中は真っ白なままで



たまには、じっと手を見るような時間も大切にしたいものです。
いつもは、携帯電話や本に隠れて見えない手の平を。
なーんつってな。

Posted by | 04:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | 駄文

18 2011

読み返される事の無い覚書

風が強い。
春だから眠いのか、一年中眠いのか。
自分の状況はあまり変化がないが、周りはフルスピードで変化していく。地震の話もいろいろあるが、目先のことを考えると放射能さえ霞んでしまう。
それがよくないことであるという、自覚はある。

花火が見たい。
大きな打ち上げ花火ではなくて、手持ちサイズのよくあるやつを。
日の暮れた頃合い、河岸のベンチに座っていると、浴衣を着た家族連れが現れる。こどもたちのはしゃぐ声と、ビニール袋がこすれあう音が止むと、一瞬の静寂。
炭酸飲料のペットボトルの蓋を開けるような音がして、薄暗い草むらが、明るく浮かび上がる。
甲高い歓声が上がり、ぱたぱたと靴音。
私はそれをぼーっと眺めている。


桜の花びらが、路肩に溜まって渦を巻いている。
一週間前には、ビニールシートの上で弁当をひろげている人をちらほら見たのに。

Posted by | 18:39 | Comment [0] | TrackBack [0] | 駄文

next»

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。